読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護学生のためのブログ

看護学生の皆さんに役立つ内容を医療カイゼン委員会より伝えていきたいと思います!

看護師国家試験に役立つ勉強法

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。
 
看護学生は勉強がタイヘンだ!
というような話を
よく耳にします。
 
最初に結論を言いますが、
決して大変じゃないです。
 
いえ、むしろ簡単です。
 
理由は
“国家試験に合格すればよいという
 目標がはっきりしているから”
です。

 

では、
具体的にどういう風に勉強すればよいのか?
 
ずばり逆算です。
国家試験に合格するところから逆算して
勉強していきましょう。

 

 
 
そのためには
まず今年の問題集を購入してみましょう。
あるいは先輩から貰っても構いませんが。
 
おススメは
 
看護師・看護学生のためのレビューブック2016

 

看護師・看護学生のためのレビューブック 2016

看護師・看護学生のためのレビューブック 2016

 

 

です。
 
レビューブックは
過去10年分の国家試験の内容をまとめた参考書です。
 
国家試験に出題されるということは
「ココは看護を学ぶ上で大切なポイントです!」
と言っているわけです。
 
また、このレビューブックは、
問題と解答が羅列してあるような問題集ではありません。
 
項目ごとに分けてあります。
イントロがあり、
症状、検査・診断、治療、看護という流れで
構成されています。
 
そして何年の国家試験に出題されたか、も
記載されています。
単なる暗記ではなく、
イメージしながら、
ストーリーとして
理解できる教科書になっているのです。
 
 
皆さんが勉強する看護とは
とても専門性の高い分野です。
 
つまり勉強したことが
即、将来役に立つわけです。
 
勉強したら、
勉強した分だけ
自分にプラスになって
返ってくるのです。

 

これは皆さんの未来に直結します。
 
例えば、
高校で勉強した物理や数学の公式は
この先の人生で、
どれほど役に立つか分かりません。
(もちろん論理的思考ロジカルシンキングには
 有効ですが)
 
しかし
ここから皆さんが勉強することはすべて
皆さん自身の看護師人生のベースになります。

 

ですから、是非
やらされる勉強ではなく、
自ら勉強する姿勢で頑張ってください。
 
皆さん数年後には必ず受験します。
つまり試験前には必ずもう一度
勉強しなければなりません。
 
学校で幅広く、奥が深い看護を
漫然と勉強して、
定期試験の前、国家試験の前に
一から勉強するなんて
モッタイない!
 
ですから、今のうち、
普段の講義、実習のときから
レビューブックを読んで
勉強すれば、
繰り返し頭に刷り込まれることになります。
 
皆さんが最終学年になったら、
もう一度最新版を購入して、
それまで持っていたレビューブックに
書き込んでいたことを書き写してください。
そうすれば
復習にもなります。
 
そして、何よりも大きなことは
ここで学んだことはこの先もずっと
看護の土台となって
あなた自身の役に立つのです。
 
とにかく繰り返し
読み込むこと、使い込むことが
ポイントです。

 

そうすれば
国家試験の勉強がすごぉーく楽になりますよ!